エデュケーショナルネットワーク
2012年度公立高校入試問題情報 徹底分析版&速報版

  2009年度からスタートした新学習指導要領の「前倒し」。3年目となった2012年度入試では、移行措置内容の問題が47都道府県すべてで、実際に出題されました。新学習指導要領実施後初となる2013年度入試の傾向を占う上でも、2012年度入試問題の傾向は重要です。
  エデュケーショナルネットワークから、教材開発のプロフェッショナルならではの問題分析を、各県の問題が公表された時点で分析した「速報版」と、追って公表された正答率を踏まえ、より詳細に分析する「徹底分析版」としてお送りします!

TOP > 高校入試問題情報TOP

2012年度入試問題情報 徹底分析版

英語
得点のばらつきが大きい入試英語。「語順整序」「英問英答」「自由英作文」などの出題と正答率を検証します!
数学
「二次方程式の解の公式」「資料の散らばりと代表値」が多くの県で出題。顕著な難化傾向で超低正答率も続出!
国語
学力の基礎となる国語。正答率の高低と問題の特徴から分析し、2013年度入試に向けた対策を考えます!
理科
各都道府県で出題項目が大きく変化!「単位変換」や「オームの法則」「力のつり合い」などの正答率が低迷。
社会
単純な知識問題は減少して、資料の読み取りが重要に。差のつく「記述問題」を中心に正答率を分析します。

2012年度入試問題情報 速報版

英語
語順整序が41都道府県で出題され定番化!英問英答問題も増加傾向に。
数学
「二次方程式の解の公式」を筆頭に問題はさらなる難化傾向。中1内容の「資料の散らばりと代表値」に注目。
国語
作文問題には「選ぶ」タイプのPISA型問題も。的確な読解力や表現力が求められる傾向に。
理科
移行措置内容出題ランキング掲載。全都道府県が何らかの形で移行措置内容を出題。
社会
半数以上の県が「気候」の問題を出題。「緯度経度」の問題も頻出傾向。

※最新入試問題を厳選収録した入試対策用教材はコチラ!